チョッパーバイクって?スタイルの意味や歴史、種類やカスタムの特徴、おすすめまで徹底解説!

チョッパーバイクって、どんなバイクか知っていますか? 出典元:https://www.instagram.com/p/CQVmg6oMjDL/   チョッパーバイクと聞いてどんなバイクを思い浮かべるでしょうか? 長く伸びたフロントフォークや、頭上にあるようなハンドルの付いたアメリカンバイクをチョッパーと思う方も多いかもしれません。 度の過ぎたような改造が施されたアメリカンをイメージする方もいらっしゃるかもしれませんが、チョッパーバイクとは、元々ついているハンドルなどのパーツを切って加工したり、取り除いたりしたバイクのことを言います。 このことから、チョッパーはフロントフォークやハンドル周りの改造に限らず、もっと広い範囲を指しているのです。   「チョッパー」の意味 チョッパーの由来は英語のChop(チョップ)からとされて……

アメリカンバイクに似合うグローブの選び方とおすすめグローブ10選!

バイク用グローブの選び方 出典元:https://unsplash.com/photos/rEPAjhzt7TY   バイクに乗る際はグローブを装着されていますか? グローブは万が一に転倒した際にクッションの役割を果たし、衝撃を軽減させてくれるほか、走行時にも手を保護してくれるので、装着するのとしないのとでは安全性が全く違います。 走行中に前走車が跳ね上げた小石などから手を守ってくれたり、夏場に虫などが当たるのを防いでくれたりと手の保護に役立つので、装着をせずにバイクに乗っている方は装着がおすすめです。 また、手の保護のみならずおしゃれなグローブも数多く販売されており、ファッションの意味合いでグローブを選ぶ方もいます。 販売されているグローブの数も多いので、安全性の向上からファッション感覚まで、種類豊富な中から用途や好みに合ったグロー……

【脱ダサ見え】大人のバイクファッション!バイカーにおすすめの服装選びやコーデまで徹底解説

バイクに乗る時のファッションの基本 引用元:https://unsplash.com/photos/pFq73TQlpvo   バイクは車とは違い体が常に外にある状態で人目に付きやすいため、安全面も考慮しながらファッション性も高めたいですね。 今回はバイクの乗る際のファッションの基本について、ご紹介していきます。街中を走っているバイカーを見てみると、ファッションも決まっている方も結構おり、バイクファッションにこだわるなら安全性を確保しつつ、ファッション性を高められるのが理想です。   バイカーファッションを選ぶ際の注意点は 肌は露出しないのが鉄則 バイク用プロテクターなど万が一に備えた安全性の確保 走行の邪魔にならないよう極力シンプルに 革ジャンに革パンなど街中で浮くダサさはNG があります。 ……

【2021最新】おすすめの人気400ccバイクランキング5選!メリット・デメリットから選び方まで

400cc(中型)バイクの特徴は? 出典元:https://www.honda.co.jp/CB400SF/design/   400ccは一般的に中型クラスのバイクと言われ、「誰でも扱いやすく程よいサイズ」というのが特徴です。 日本の道路事情にも合った性能で、通勤や通学などの普段乗りから高速道路を使ったロングツーリングまで対応できるバランス型とも言えます。 普通自動二輪の教習所でも400ccが使われており、250ccと並んでバイクの入門クラスとも言えるでしょう。 誰でも扱いやすい手軽なクラスですが、2021年6月現在では日本の各バイクメーカーのラインアップは400ccを超える大型車が主力となっています。   大型免許の普及でラインアップ減 大型免許が教習所で取れるようになる以前は、250cc~400ccがバイクのライン……

【完全解説】バイクの服装は何が正解?NG服から選び方、女性向け服やシーン別解説まで

安全性を確保するとかっこいい・おしゃれから遠ざかる? 出典元:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%81%AB%E4%B9%97%E3%82%8B%E4%BA%BA-%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%90%E3%82%A4-%E4%B9%97%E3%82%8B-407123/   バイクは全身で風を受けながら走る、車にはない醍醐味があります。 逆に常に外にいる状態なので、前走者が跳ね上げる小石や夏場は虫などが体に当たりやすいです。 そのため、飛んでくる物から体を守る服装が必要になってきますので、バイクの服装はまず身を守ってくれる安全性を優先するのがポイントになります。 バイク用として販売されている服装も、デザイン性に優れ……

【2021最新】小型はダサい?125ccアメリカンバイクの魅力とおすすめ新車・中古車11選

維持費の安さなどコスパが魅力の125ccアメリカンバイク   出典元:https://leonartmotors.jp/   125ccのアメリカンは原付二種(第二種原動機付自転車)に該当するため、維持費が安く済みます。 バイクを保有していると毎月軽自動車税を支払う必要がありますが、400ccクラスの6,000円/年に対し、125ccクラスでは2,400円/年と、税金だけも年に3,600円の差額です。 加えて125ccクラスのアメリカンは車検も必要ないので、車検の必要な400ccクラスのバイクよりも車検に必要な費用分、維持費が安くなります。   保険が安い+車検不要   排気量が250ccを超えるバイクは、新車登録時は3年、以降は2年ごとに車検を受ける必要があります。 タイヤ交換なしの車検の場合、車検をバイク店などに依頼すると、400ccク……

JBA(ジャパンバイクオークション)の特徴やバイク業者オークションの取引の流れを解説!

バイク業者用オークションJBAの特徴・システム   出典元:https://unsplash.com/photos/f_gCjlNcVWo   JBAは株式会社ジャパンバイクオークションが運営する、兵庫県神戸市のJBA神戸と、神奈川県横浜市のJBA横浜の2つのオークション会場を持つ、日本の大手バイクオークション業者です。 一般的にバイクオークションは2種類あり、オークション会場に足を運んで参加する場合と、インターネットで参加するリアルネットオークションがあります。 その中でもJBAは、数多くのバイクの中古車販売店や買取業者などが利用する、日本国内の大手バイクオークションです。   バイク販売店などが仕入れに利用するオークション   バイクを中古車購入する際は、多くの方はバイクの販売店を利用するかと思います。 他にも、Yahoo!オークション……

【2021年最新】アメリカンバイクに似合うヘルメットは?選び方解説とおすすめ16選!

アメリカンバイクに似合うヘルメットとは? 出典元:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%90%E3%82%A4-%E9%81%93%E8%B7%AF%E3%81%AE%E6%97%85-%E9%81%93%E8%B7%AF-4187586/   アメリカンバイクに似合うヘルメットを知りたい、という方も多いのではないでしょうか。 カウル月のレーサーの様にほぼフルフェイス型一択のようなバイクとは違い、アメリカンに乗っている人を見てみると様々なタイプのヘルメットをかぶっています。 オーソドックスなアメリカンスタイルは半ヘルにサングラスの組み合わせや、ジェットヘルが挙げられることもありますが、半ヘルはもしもの際にヘルメットが飛んでいったり、地面を滑走したりするような……

【2021年最新】初心者や女性にも人気のアメリカンバイク250cc!おすすめ車体8選

アメリカンバイクの人気ブームはいつから? 出典元:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%BC-%E6%B0%B4-%E6%B9%96-%E5%A4%9C-2430193/   大きめの車体に幅が広めのハンドル、前に足を出して乗る独特のスタイルのアメリカンバイクですが、近年250ccのアメリカンが人気を集めています。 中型免許で車検も必要ないため比較的手頃に乗れる影響もあり、女性でも250ccのアメリカンに乗っている方を見かける機会も増えてきました。 女性のほかにも、バイク初心者や昔バイクに乗っていて、久々にバイクに乗り始めた40代から50代の「リターンライダー」まで、幅広い層に人気が高いです。 乗るスタイルも独特で、コーナリングなどもそれほど得意でない……

【2021年最新】アメリカンバイクに似合うブーツは?選び方解説とおすすめ15選!

アメリカンバイクをかっこよく乗りこなすなら革ブーツ 出典元:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%8F-%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%90%E3%82%A4-%E8%BB%8A%E4%B8%A1-2077914/   アメリカンバイクに乗る方は、ジャケットやパンツを始め、全身装備を革(レザー)で決めている印象が強いのではないでしょうか。 ブーツに至っても革のブーツが定番となっており、かっこよくアメリカンを乗りこなすために必須とも言える装備になっています。 アメリカンバイクは元々、アメリカの大地をどこまでもゆったり走ることを目的に生まれました。 ずっしりとして大地に噛み合うように走っていく重厚感がアメリカンの醍醐味でもありますが、ファ……