バイク用品「ウィンドスクリーン・風防」人気おすすめランキング【汎用から車種別まで】

Contents

ウィンドウスクリーン・風防の効果とは?効果や選ぶポイントを解説!

参照元:https://www.daytona.co.jp/products/series-S00522-genre

バイクのウィンドウスクリーンは、ハンドル前面に付いた透明もしくはスモークのかかったスクリーンのこと。
ウィンドウスクリーンは英語の表現で、日本語だと風防(ふうぼう)になりますので、ウィンドウスクリーンと風防は同じ意味と思って問題ありません。
主な用途としては、風を避けるためについており、高速走行時にネイキッドやアメリカン、スクーターなどスクリーンのついていないバイクでは自分の体に風が直接当たってしまいます。
風が強く当たると、疲労や寒さによって乗っている方の体力が消耗していきます。無意識に強い風に対抗しようと体に力が入りますが、長時間続くと無意識的に疲労が蓄積して判断ミスや事故を招く危険性もあります。
そこで風の流れを変えて、風が直接体に当たらないようにするために装着するのがウィンドスクリーン・風防です。また加えて雨の日もバイクに乗る場合は大きなスクリーンを装着することで雨も防ぐことができます。
まずはウィンドウスクリーンにはどのような種類があるのか、取り付ける際に見ておくべき箇所についてご説明します。

ウィンドウスクリーンの種類と選ぶポイント

スクリーンにはどのような種類があるのでしょうか。また選ぶ際のポイントとはなんでしょうか。種類が多すぎて迷ってしまうという方は自分のスタイルに合わせて選ぶ際の参考にしてみてください。

①色について

スクリーンにはクリアタイプ、スモークタイプ、色付きタイプの大まかな3つの種類があります。基準となるのは自分のバイクの色とバイクに乗る頻度の高い時間帯です。
クリアタイプは基本的にどのバイクにも似合いますが、夜間や朝方などの外が暗い時間に乗る方はこちらを選びましょう。スモークタイプは日中に乗る方におすすめです。日光を低減してくれることと、道路上の照り返しを防いでくれます。また色付きのスクリーンも日中に乗ることが多い方におすすめです。また色付きは自分のバイクの色に合わせて変更することでお手軽カスタムすることができます。

②形状について

スクリーンは縦に大きな盾のような形のものと、小さめなバイザーの様な形状のものがあります。SSで使われているフルカウル用のスクリーンは今回の選択肢からは除いていますが、ネイキッドタイプのバイクではSS形状のスクリーンを採用することでよりレーシーな見た目に仕上げることができます。
大きなタイプのスクリーンは雨や風をしのげる面積も多いため、日常的に使うには最適です。ただ高速時の風圧に耐えられない場合もあるため高速走行を頻繁にする方には向きません。また、色付きの大きなスクリーンは視界を妨げてしまうためクリアタイプを選びましょう。
小さなバイザータイプは高速走行や、見た目を変えずにスクリーンを付けたいという方におすすめです。スクリーンそのもので風を防ぐ効果ではなく、前方からの風の流れを変えることで身体に風が直接あたりにくくになります。また、小さいことから高速走行でも風圧の影響を受けにくく高速走行を頻繁にする方にもおすすめです。ただ、小さなこともあり基本的には風を防ぐ目的に付けてください。雨や小石などは大きなスクリーンに比べると防ぐ効果は小さめです。

③材質について

これはスクリーンの大きさをもとにして考えます。小さなスクリーンでは風圧の影響をあまり受けないので材質をあまり考える必要がありませんが大きなタイプは風圧の影響を大きく受けるためしっかりした材質のものを選びましょう。
おすすめはポリカーボネイト製のものがおすすめです。

④ハンドル径について

バイクにウィンドウスクリーンの取り付けはハンドルバーの直径(ハンドル径)に合わせるので、取り付けたいバイクのハンドル径を調べておく必要があります。
一般的なバイクは22.2mm(7/8インチ)、ハーレーなどのアメリカンバイクで25.4mm(1インチ)で、ハンドル径さえ合っていれば取り付けが可能です。
社外品のハンドルに交換してある場合はハンドル径が純正とは異なることがあるので、調べておきましょう。

⑤ロングスクリーン・ショートスクリーンの違いについて

ウィンドウスクリーンにはスクリーン長の長さにより、ロングスクリーンとショートスクリーンとがあります。
ショートスクリーンは風の抵抗を受けにくいので、ロングスクリーンに比べると雨よけや飛び石を防げませんが、変形しにくい、剛性が高くなる、といった点がメリットです。
ロングスクリーンはショートよりも雨風を防いでくれますが、同じ材質製なら面積が大きくなる分、変形しやすかったり、飛び石で割れやすくなったりするなど、剛性面ではショートに劣ります。

どんな効果があるの?メリット・デメリットまとめ

ウィンドウスクリーンの主なメリットは、風が直接体に当たるのを防ぐことと、風の流れを整えてくれること。
風が体に当たり続けると疲労の原因にもなるので、バイクのウィンドウスクリーンは疲労軽減の効果もあります。
ウィンドウスクリーンは別名ウィンドウシールド(盾)とも言いますが、前走車から飛んでくる小石などから身を守る盾の役割にも。
また、雨よけや風の流れを整える整流効果もあり、風の抵抗をやわらげてくれるので燃費にも影響しますが、あまり大きなものを取り付けるとかえって風の抵抗を生み、燃費が低下するだけでなくスピードが上がるにつれバイクの安定感も失われることに。

ウィンドウスクリーンのデメリットは、バイクに当たる横風が増えるので横風に弱くなります。
整流効果によって直立姿勢のバイクはライダーの胸辺り、前傾姿勢のバイクは顔辺りに風が当たり顔に風が当たり続けるので、シールド付きのヘルメットが無いと厳しいでしょう。
ウィンドウスクリーンの中はヘッドライトに向かうにつれて狭くなっているので、掃除をしにくい点もウィンドシールドのデメリットといえます。

ウィンドウスクリーンのメリット

・風が体に直接当たるのを防いでくれる(疲労軽減)
・整流効果で燃費が良くなる
・雨よけ、小石よけの効果にもなる

ウィンドウスクリーンのデメリット

・横風に弱くなる
・顔に風が当たるのでシールド付きヘルメットがあると良い
・ウィンドウスクリーンの内側は掃除がしづらい

取り付けた人の実際のレビューをまとめ

参照元:https://www.daytona.co.jp/products/series-S08033-genre

ウィンドウスクリーンにはさまざまなタイプのものがあり、はフロントカウル付きのバイクだけでなく、ネイキッドバイクにも取り付けることができます。
実際に取り付けた人のレビューを見てみましょう。

〈Twitterからの引用〉
〈レビュー〉
ウインドスクリーン
グリップヒーター
ハンドルカバー
この3点セットが有れば
「無敵」の実用バイクになります!
https://twitter.com/gindanforever/status/1250181581462880256

〈レビュー〉
スクリーンのお陰で風圧もほとんど感じないから高速巡航が快適(´∀`*)
姿勢も楽で、欠点が取り立てて見当たらない。
https://twitter.com/yosutebuta/status/1252400062618931200

■網入りスモーク風防 布タレ黒 黒モール
〈レビュー〉
高速道路対策
古いネイキットにのっていますが、現行等のシャープなフォルムでない車種には大変ルックマッチもしていて風防としての効果もしっかりしてくれる大変気に入りました。
https://item.rakuten.co.jp/bike-man/10001706/

レビューから見た目の印象がかっこよくなること、風よけ効果が高くなった、疲労が減ったということが分かりますね。
風が体に当たるのを減らしてくれることから、寒い冬場でもバイクに乗る方には、冷えによる疲労も防いでくれるので効果絶大です。
寒さで手がかじかんで、正確な操作ができなくなることも防いでくれるでしょう。

取り付けに加工が必要なスクリーンも

取り付けに一部穴の加工が必要となることもありますが、それほど苦にならない人もいるようです。
加工が必要な場合、自分で加工が難しいならバイク整備工場などプロに任せると良いでしょう。
費用が少々必要となりますが、風よけによる疲労軽減や見た目の印象のアップなど、取り付け費用分以上の効果があります。

バイクウィンドスクリーンのお手入れ方法

参照元:https://www.daytona.co.jp/products/series-S08033-genre
ウィンドウスクリーンはバイク全面にあるので、どうしても飛び石などで小傷が付きやすくなります。
キズなどがなく磨くだけならミラーのクリーニングやコーティングに使われるケミカルポリッシュで磨いてください。コンパウンドを使うと逆に小傷を付けてしまうため避けるようにしましょう。
また飛び石でキズがついた際は、コンパウンドではなくポリッシュ材と呼ばれるケミカルで磨きましょう。それでもキズが深く消えない場合は紙やすりで水研ぎを400番台から徐々に2000番程まで行い、そのあとに再度ポリッシュ材で磨いて、最後にワックスで磨きましょう。
そうすることで表面のコーティングだけではなく、艶も出すことができます。また雨の日によく乗る場合は車の窓ガラス用のワックスを付けて磨くことで撥水効果も得られるため雨の日に乗っても汚れが付きにくく、長持ちさせることができます。
上述した方法で日々の手入れは行ってください。こまめに手入れをすることで長く使えるだけではなく、自分のバイクも綺麗に保つことができるので愛着がわきますよ。

【汎用】ウィンドウスクリーン・風防おすすめ人気ランキング5選

https://bikeman.jp/item/148438

ウィンドウスクリーンと風防について一通りご説明したところで、続いてはおすすめ人気ランキングをご紹介します!
特定のバイクのみ取り付けられるタイプではなく、幅広い車種で取り付けができる「汎用(はんよう)」タイプのウィンドスクリーン(風防)を 5つご紹介します。
後にバイクの種類別でもご紹介していますので、種類別のおすすめを知りたい方はそちらもご参考のうえ、お気に入りを見つけてくださいね。

【汎用】ブラック スモーク風防 ブラックモール 布タレ黒

https://bikeman.jp/item/148432
汎用でネイキッドを始め、アメリカンまで取り付けられるウィンドウスクリーンがブラックモール。
ライト周りを覆う布も付いておしゃれさを演出してくれます。
高さは約30センチで、スモークの入ったスクリーンです。

対応車種:CB400F、CBX400F、ホーク、CB400SF、ジェイド、 Z1、Z2、Z400FX、ゼファー400、バリオス、ZRX400、 GS400、GSX250ザリ、ゴキ、GT380、インパルス、 RZ、XJ400、XJR400、GX、ハーレー、自転車、その他

【汎用】網入りクリア風防 布タレ黒 黒モール

https://bikeman.jp/item/148428
先にご紹介したブラックモールの網入りスクリーンがクリア(透明)版がこちら。
スクリーンの占める割合は意外と大きく、スクリーンの色が違うことでバイクの印象も大きく変わります。
高さは約30センチで、取り付け用の工具とネジが入っています。

対応車種:CB400F、CBX400F、ホーク、CB400SF、ジェイド、 Z1、Z2、Z400FX、ゼファー400、バリオス、ZRX400、 GS400、GSX250ザリ、ゴキ、GT380、インパルス、 RZ、XJ400、XJR400、GX、ハーレー、自転車、その他

【汎用】モンゴリアン風防 スモーク

https://bikeman.jp/item/148438
特に旧車に似合うのがレトロなデザインのモンゴリアン風防。
シンプルなデザインで長らく人気のある、飽きのこないスクリーンです。
スモーク入りのスクリーンで、旧車のネイキッド、アメリカンやモンキー・ゴリラなどにも似合います。

対応車種:CB400F、CBX400F、ホーク、CB400SF、ジェイド、 Z1、Z2、Z400FX、ゼファー400、バリオス、ZRX400、 GS400、GSX250ザリ、ゴキ、GT380、インパルス、 RZ、XJ400、XJR400、GX、ハーレー、自転車、その他

【汎用】ブルー風防 クリアモール 布タレ緑

https://bikeman.jp/item/148435
よりおしゃれな汎用スクリーンをお探しの方にはこちら。
現代らしい薄いブルーのスクリーンがバイクの存在感も強めてくれます。
ヘッドライトを覆う布タレは緑色なので、黒とは違った雰囲気の演出ができるでしょう。

対応車種:CB400F、CBX400F、ホーク、CB400SF、ジェイド、 Z1、Z2、Z400FX、ゼファー400、バリオス、ZRX400、 GS400、GSX250ザリ、ゴキ、GT380、インパルス、 RZ、XJ400、XJR400、GX、ハーレー、その他

【汎用】チェリー風防 クリアモール 布タレ緑

https://bikeman.jp/item/148437
ブルーのスクリーンよりもより注目を集めるのがこちら。
きれいなチェリー色のスクリーンでバイクに合わせるのには少々センスが必要かもしれませんが、お目立ち度は抜群!
存在感を出したい方におすすめです。

対応車種:CB400F、CBX400F、ホーク、CB400SF、ジェイド、 Z1、Z2、Z400FX、ゼファー400、バリオス、ZRX400、 GS400、GSX250ザリ、ゴキ、GT380、インパルス、 RZ、XJ400、XJR400、GX、ハーレー、その他

【車種別】ウィンドウスクリーン・風防おすすめ人気ランキング6選

https://bikeman.jp/item/148436

ネイキッドやアメリカン、モンキーなどのミニバイクまで取り付けられる汎用スクリーンをご紹介した次は、ネイキッドやアメリカンなどバイクのジャンルごとにおすすめのスクリーンをご紹介します。

【ネイキッド用】網入りブラック スモーク風防 布タレ黒

https://bikeman.jp/item/148430
ネイキッドにおすすめのウィンドウスクリーンが、こちらの網付きのスモークスクリーンです。
旧車から最新型のネイキッドまで、幅広い年代のネイキッドにおすすめ。

対応車種:CB400F、CBX400F、ホーク、CB400SF、ジェイド、 Z1、Z2、Z400FX、ゼファー400、バリオス、ZRX400、 GS400、GSX250ザリ、ゴキ、GT380、インパルス、 RZ、XJ400、XJR400、GX、ハーレー、その他

【ネイキッド用】チェリー風防 クリアモール 布タレ黒

https://bikeman.jp/item/148436
網が入っていないタイプのスクリーンで、鮮やかなチェリー色です。
ネイキッドバイクのフロント回りの印象を変えてくれる、見た目と整流効果の実用性を伴ったスクリーンです。
ツーリングなど複数台で走っていても、チェリー色のスクリーンでより目立つ存在となるでしょう。

対応車種:CB400F、CBX400F、ホーク、CB400SF、ジェイド、 Z1、Z2、Z400FX、ゼファー400、バリオス、ZRX400、 GS400、GSX250ザリ、ゴキ、GT380、インパルス、 RZ、XJ400、XJR400、GX、ハーレー、その他

【スクーター用】ショートバイザー ホンダ タクト クリア

https://bikeman.jp/item/138259
ホンダ タクト用のショートスクリーンで、カラーはクリアーです。
ショートタイプのスクリーンながら、背筋を伸ばすように着座するスクーターに取り付けると、風よけ効果は抜群。
冬場にも乗る方に特におすすめのスクリーンです。

対応車種:ホンダ タクト

【スクーター用】ウインドシールド ヤマハ シグナス X

https://bikeman.jp/item/138189
ヤマハ シグナス用のスクリーンで、カラーはクリアです。
高さが380mmとやや高さのあるタイプなので、体に当たる風を極力抑え、疲労の軽減に努めてくれます。
フロントプレートの表面処理がクロームメッキの、高級感あるスクリーンです。

対応車種:シグナスX

【アメリカン用】ウインドシールド ホンダ シャドウ スズキ ブルバード

https://bikeman.jp/item/138192
アメリカンタイプのバイクに似合うのがこちら。
ライト部分から上に伸びるクリアのスクリーンで、フロント回りにすっきりした印象も与えてくれます。
整流効果で顔の辺りに風が来るので、シールドの付いたヘルメットがあればなお良いでしょう。

対応車種:ホンダ シャドウ、スズキ ブルーバード

【アメリカン用】ブルー風防 クリアモール 布タレ黒

https://bikeman.jp/item/148434
アメリカンにおすすめなのがおしゃれなブルーのクリアモール(網なし)スクリーン。
ヘッドライト周りの布の黒色とスクリーンの青が、コントラスト効果を生み出します。
やや派手に見えるかもしれませんが、黒でも白でも似合うブルーです。

対応車種:CB400F、CBX400F、ホーク、CB400SF、ジェイド、 Z1、Z2、Z400FX、ゼファー400、バリオス、ZRX400、 GS400、GSX250ザリ、ゴキ、GT380、インパルス、 RZ、XJ400、XJR400、GX、ハーレー、その他

【メーカー別】ウィンドウスクリーン・風防おすすめ人気ランキング6選

参照元:https://www.daytona.co.jp/products/series-S00525-genre

続いてはスクリーンを発売しているメーカー別におすすめをご紹介します。
メーカーはバイク用パーツの御大ともいえるDAYTONA(デイトナ)、さまざまなパーツを企画・販売しているゼットファーザー、質の高さで定評のある旭風防の 3つのメーカーから 2つずつご紹介します。

【DAYTONA(デイトナ)】ウインドシールドHC クロスカブ用

https://bikeman.jp/item/29870
おしゃれなカブとして人気のクロスカブ用のスクリーンが、デイトナのウィンドウスクリーンHC。
着座位置が高くクロスカブですので、スクリーンを取り付けることによる風よけ効果は抜群です。
衝撃に強いポリカーボネート仕様で、傷が付きにくい仕様となっています。
対応車種:クロスカブ

【DAYTONA(デイトナ)】ウインドシールドHC シグナスX125用

https://bikeman.jp/item/29872
デイトナのシグナスX125用のクリアスクリーンです。
取り付けることでヘッドライトからスクリーンまで一体感が生まれ、空気抵抗の軽減に努めてくれます。
スクリーンはポリカーボネート製で、長期間傷から視界を守ってくれるハード仕様です。

対応車種:シグナスX125

【ゼットファーザー】ムラサキ風防 ブラックモール 布タレ黒

https://bikeman.jp/item/148439
ゼットファーザーのムラサキ風防はネイキッドからアメリカンまで取り付け対応車種の多さがポイント。
紫色のスクリーンがおしゃれさを演出してくれます。
どこか懐かしさを感じさせる、シンプルな形のスクリーンです。

対応車種:CB400F、CBX400F、ホーク、CB400SF、ジェイド、 Z1、Z2、Z400FX、ゼファー400、バリオス、ZRX400、 GS400、GSX250ザリ、ゴキ、GT380、インパルス、 RZ、XJ400、XJR400、GX、ハーレー、その他

【ゼットファーザー】網入りクリア風防 布タレ緑 黒モール

https://bikeman.jp/item/148429
汎用性の高さが特徴のゼットファーザー製・網入り風防です。
どこか昭和のレトロさを感じさせながらも、紫色のスクリーンが現代らしさを演出。
ヘルメットのシールドのように湾曲(わんきょく)になっているので、前面の風を左右に流し疲労を軽減してくれます。

対応車種:CB400F、CBX400F、ホーク、CB400SF、ジェイド、 Z1、Z2、Z400FX、ゼファー400、バリオス、ZRX400、 GS400、GSX250ザリ、ゴキ、GT380、インパルス、 RZ、XJ400、XJR400、GX、ハーレー、その他

【旭風防】ショートバイザー ホンダ ディオ 110 ブラックスモーク

https://bikeman.jp/item/138318
旭風防のホンダ Dio用・ショートバイザーです。
スクリーンはスモークで、ショートタイプながら体に当たる風を減らしてくれる役割はしっかり果たしてくれます。
風の抵抗になってパワーが飲まれない程度の、ちょうどよいサイズのスクリーンです。

対応車種:ホンダ Dio

【旭風防】スクリーン ホンダ CBR250RR スモーク

https://bikeman.jp/item/138310
カウリングバイクのホンダ CBR250RR用の交換するタイプのスクリーンです。
どこかステルス戦闘機のようなCBRのフロント回りのイメージを維持しつつ、スモークのスクリーンでより引き締まった印象を作り出してくれます。
スクリーンはポリカーボネート樹脂で、傷が付きにくい仕様です。

対応車種:CBR250RR