News

【SUZUKIの新型!V-ストローム1050】

*

[SUZUKIの新型!V-ストローム1050はどのようなバイクなのか?]

先日、欧州ミラノショーで発表されたSUZUKIが出した新型バイク!V-ストローム1050とは一体どのようなバイクなのでしょうか。
本記事では新型V-ストローム1050どのようなバイクなのか、デザインには誰が携わっているのか、走りはどんな感じなのか全て詳しくおつたえしていきます。

新型V-ストローム1050が緊急公開されたのを皆様ご存知でしょうか。
11月10日にミラノで発表されたばかりの新型V-ストローム1050が第5回Vストロームミーティング2019にて日本初公開されました。
一度は台風で延期になったものの第5回Vストロームミーティング2019はスズキの本社の前で行われ1100人ほどの人たちが集まったそうです。
そんな年々勢いを増しているイベントなのですが開催直前にビックニュースが舞い込んできました。
欧州ミラノショーで発表されたばかりの新型V-ストローム1050のジャパンプレミアム化が決定したのです。

そんな新型V-ストローム1050のデザインしたのは宮田さんという方です。
宮田さんはアドベンチャーバイクのアイコンとなる「クチバシ」のデザインを世界で初めて考えたすごい人なんです。
新型V-ストローム1050はスズキのビックオフローダーらしいデザインとなっている。
ファラオの怪鳥と呼ばれた「DR-BIG」を彷彿とさせる「クチバシ」スズキビックオフローダーの象徴とも言えるものです。
そして新型V-ストローム1050は1988年に発売された「DR-BIG」として愛された「DR750S」がデザインのモチーフとなっているのですが当時の「DR-BIG」のデザインを担当したのもこの宮田さんです。
新型V-ストローム1050のデザインは「DR-BIG」のデザインと少し似ていると感じたのは担当者が同じだったためなんです。
似ているのは同じ人がデザイナーだったのが理由です。

次に新型V-ストローム1050の車両プロフィールについて説明していきます。

新型V-ストローム1050はVストロームモデルの後継者として2019年秋にミラノショーで発表されました。
そして2020年の頭から欧州などで販売が開始されます。
ボア100mm×ストローク66mmは変更されずに電子制御スロットルの採用や吸排気タイミングの調整によって出力を向上させながら排気ガスに関する欧州のユーロ5規制にも適合していました。
デザインは一新されクチバシが突き出す以前のスタイルこそ引き継いだもののヘッド形状もスクリーン直線を基調としたものになりました。
かつてのVストローム1000のときと同じようにワイヤースポークホイールを採用した仕様になっています。

それと気になる走りについて説明していきます。
バイクは格好良いのが1番です。
多くの方がそう思っているのではないでしょうか。
バイクを好きになる方は多くの方が格好良い・速そうといった印象に惹かれます。
それを忠実に再現したのがV-ストローム1050というわけです。
新型V-ストローム1050のデザインは誰がきても問答無用ででかい、格好良いの言葉に尽きます。
新型V-ストローム1050は電子制御スロットルでの繊密な制御によって排気ガス規制に対応しながら7馬力の出力アップに成功しました。
つまりパワーアップしたということです。
実際に乗った新型V-ストローム1050の走りの感想として早くなっているのももちろんなのですがスロットルを開けたときの開放感がとても気持ち良いです。
安定感があって乗り心地もとても良いです。
そして永遠に伸びていくようなエンジンフィーリングを安心して楽しむことが出来るのです。
乗っていてこんなにも爽快感が味わえるのはV-ストローム1050くらいかもしれません。
つまり安心感・開放感が特徴で楽しめるバイクという事が分かりました。
どこの道で走行しても一目置かれるようなバイクであることが理解して頂けたと思います。


それと何より他のバイクとの差別化を図るために専用装備がとても充実しています。
スタンダードに関しては工具を用いて3段階にしました。
そしてさらに50mm広い範囲で11段階に高さを調節できる機能を搭載しています。
それにエンジンアンダーガードやセンタースタンドLEDウインカーといったXT専用装備となっています。
足回りもキャストホイールのSTDとスポークホイールのXTという違いでサスペンションやタイヤについては同じものを装備しています。
カラーバリエーションも3色ずつ用意されています。
これは欧州でのカラーバリエーションであって2020年春以降に販売される日本での新型V-ストローム1050はまだ不明となっている。

新型V-ストローム1050についてどのようなバイクになっているのか、デザインに付いての詳細について説明してきました。
かつての「DR-BIG」をデザインした宮田さんがデザインに携わったためネオレトロ感が溢れでていました。
安心性と開放感も兼ね備えており2013年に発売されたV-ストローム1000よりもハイクオリティなバイクとなっています。
ぜひ皆様も宮田さんがデザインを手掛けた新型V-ストローム1050を御覧ください。
従来のV-ストローム1000よりもとても良いバイクとなっています。

関連商品

カテゴリから探す

ページトップ

カテゴリ

車種から探す

メーカー
排気量
車種名
年式

コンテンツ

ガイド

OFFICIAL SNS