News

【ブリヂストンが新製品4種のニュータイヤを同時発表】

*

[ブリヂストンが新製品4種のニュータイヤを一挙公開!]

ブリヂストンが新製品4種のニュータイヤを同時発表しました!
新製品4種は一体どのような製品なのでしょうか。
それぞれの概要・特徴について追求していこうと思います!

公道用二輪タイヤ「BATTLAX RACING STREET RS11」を2020年3月16日より発売が決定しました!
BATTLAX RACING STREET RS11はレーシングストリートRS10の後継機種で、ブリヂストンが長年に渡り二輪レース用タイヤ開発で培ってきた技術を活用して、公道でのスポーツ走行性を追求しました。
ドライグリップ性能の向上を追求し、リアタイヤのショルダー部分には微粒径カーボンを使用した新開発のコンパウンドを採用しています。
グリップ性能を高めるにあたって、コーナリング時のタイヤと路面の接地面積を増加させる事で実現に至りました。
それとリアルタイム解析技術「ULTIMAT EYE」を活用して接地面の圧力を最適化することによりリアタイヤではRA10よりも縦に長い範囲で、均一に荷重を受け止められるようにし、内部のベルト構造をR11でも採用されている「V-MS・BLET」にすることでさらなるグリップ力を引き出すことに成功しました。
更にフロントタイヤのプロファイル変更によってより鋭いハンドリングも獲得しました。
断面のクラウン形状を小径化することでハンドリングの軽快さを追求しています。
オートポリスのラップタイムはRS10に比べて1.8秒も短縮されているそうです。
ワインディングは勿論のことサーキットユースでも高いパフォーマンスを発揮しており、スポーツ走行に適しているモデルとなっています。
全てにおいてRS10よりも1ランクUPしています!
発売サイズに関してはフロントが120/70ZR17(58W)、リアが190/55ZR17(75W)、200/55ZR17(78W)の計3サイズとなっています!

次にBATTLAX CLASSIC RACING CR11が2020年2月1日に発売される事が決定しました!
80’sスーパーバイクレースタイヤとしての発売です。
BATTLAX CLASSIC RACING CR11は旧車レースでの勝利を目標として造られた競技用タイヤです。
パタンデザインはサーキット用タイヤ「BATTLEXレーシングR11」をベースとして、主溝をタイヤへの入力と同じ方向に配置し、トレッド性を高め、コーナリング時のグリップ性を向上しました。
更にショルダーエッヂ溝を径方向に配置することでウェット機能を向上させました!
そしてグリップ性を向上させるためにフロント及びリアタイヤにグリップ性能を重視したレース系コンパウンドを採用しています。
技術者によるとヨーロッパの旧車耐久レースにてテストを重ねており、スパ・フランコルシャンのレースでCR11を履いた車が他の車よりも4.2秒速いタイムを叩き出しているとのことです!
発売サイズに関してはフロントが110/80R18(NHS)、リアが150/65R18(NHS)の各1サイズ展開となっています。

そして二輪車用ツーリングバイアスタイヤとしてBATTLAX BT46が2020年2月1日に発売されることが決定しました!
BATTLAX BT46は1998年発売以来、数多くのライダーに支持されてきた「BATTLAX BT45」の後継商品となっています。
多くのライダーから定評のあるBT45のハンドリング性能を維持しながらもウェット性能を向上させる事に成功しました。
ウェット性能の成功の裏にはリヤのコンパウンドとフロントのトレッドパターンの変更にありました。
リアタイヤにはシリカ配合のシングルトレッドゴムを採用しています。(フロントはBT45同様)
BT46のトレッドパターンはフロント・リヤ共にBT45の物を使用している。
BT46では現代的なタイヤ設計の考え方に基づきフロントタイヤの回転パターンを逆方向に変更しています。
その結果、天候に左右されずにツーリングを楽しむことが出来、偏摩耗の抑制にも繋がっています!
サイズに関しては非常に多く、2月に25サイズ、2021年には14サイズ、2022年には8サイズの追加予定があります。

最後に二輪車エンデューロレース用タイヤBATTLECROSS E50 EXTREMEの発売を発表しました!
エンデューロに向けて造られたBATTLECROSS E50 EXTREMEはいかなる悪条件にも対応できるような競技専用タイヤです。
トレッドパターンはFIM規格エンデューロタイヤであるE50のリアタイヤと同じものを採用しています。
そしてコンパウンドをソフトタイプの物にする事で力強いグリップ力と優れた操縦安全性の実現を可能にしました。
とてもハードなコンディションでの確実なトラクションを稼ぐためコンパウンドを極端に柔らかくしている塗装路などの走行には向いていないです。
つまりトラクションや走破性を大きく向上させたタイヤになっています。
このようにエアボリュームに勝るFIMタイヤを元にコンパウンドを変更しガレ場や木の根への対応力を上げたものが今後のエンデューロ界に革命を起こしてくれるでしょう!
サイズはリヤの140/80-18のみの展開となっています。

ブリヂストンが一挙に公開した4種の新製品いかかでしたでしょうか。
発売が発表された4種は大まかにハイグリップラジアル・旧車用レーシングタイヤ・ウェット能力を伸ばした定番バイス・過酷なエンデューロ専用というような分類になるのではないでしょうか。
全ての製品が1ランクUPしており、より追求されています!

関連商品

カテゴリから探す

ページトップ

カテゴリ

車種から探す

メーカー
排気量
車種名
年式

コンテンツ

ガイド

OFFICIAL SNS