軽量コンパクトで使い勝手抜群!SOTOのマイクロトーチ2種!

焚き付けやストーブの着火から、料理の表面に焼き色つける、さらにはロープの末端処理にも使えるトーチバーナー。そんなキャンプには欠かせないアイテムであるトーチバーナーですが、今回はSOTO(ソト)の「マイクロトーチCOMPACT(コンパクト)」と「マイクロトーチACTIVE(アクティブ)」の2種類をご紹介します。

http://shinfuji.shop-pro.jp/?pid=139629024

http://shinfuji.shop-pro.jp/?pid=139633165

 

画像左がCMPACT(コンパクト)、右がACTIVE(アクティブ)です。

 

キャンプ用トーチとして、選んでおけば間違いない!SOTOマイクロトーチ!

http://www.shinfuji.co.jp/soto/products/st-485/

アウトドアで使うトーチにはさまざまな用途があります。焚火の焚き付け・ランタンに火を灯す、マントルのカラ焼き・ストーブの着火・ロープの切断、末端処理・料理の焦げ目付け・夏には蚊取り線香の着火にも使えます。

 

そんなたくさんの用途に使えるトーチですが、おすすめなのがコスパ抜群のSOTO(ソト)マイクロトーチシリーズの2種類。マイクロトーチCOMPACT(コンパクト)とマイクロトーチACTIVE(アクティブ)です。

 

この2種類の違いは火口(ノズル)の形状です。COMPACTはノズルが真っ直ぐに出ていて、名前の通りACTIVEよりもコンパクト。小ささを重視する方におすすめです。対してACTIVEはノズルが曲がっているので、火の方向を対象物に向けやすく、より使い勝手が良くなっています。

 

コンパクトさをとるか、使い勝手をとるか。と言っても、どちらも十分にコンパクトですし、使い勝手もいいです。どちらも同じ値段ですので、ご自身に合った、より欲しい特徴を選んでみてください。

 

 

SOTO マイクロトーチの魅力!

 

  • 強力耐風バーナーだから風が強いフィールドでも問題なし!

SOTOのマイクロトーチはターボで強力な炎が出るので、ちょっとやそっとの風では、火が消えることはありません。炎温度1300℃だからライターやマッチとは火力が違います。

 

  • 軽量なうえに、手のひらに収まるコンパクト設計!

http://www.shinfuji.co.jp/soto/products/st-485/

http://www.shinfuji.co.jp/soto/products/st-486/

 

ACTIVEとCOMPACTの違いはノズル(火口)の形状です。より小さいモデルはマイクロトーチCOMPACTですが、ACTIVEの方も手のひらにすっぽり収まるコンパクトデザイン。ストラップホールが付いているので、どちらもキーホルダー感覚で持ち運べます。

 

  • スマートで使い勝手のいい本体デザイン!

http://www.shinfuji.co.jp/soto/products/st-486/

http://www.shinfuji.co.jp/soto/products/st-485/

http://www.shinfuji.co.jp/soto/products/st-486/

 

火口にはキャップが付いているので、チリやホコリからノズルを保護。使用するときはノズルの蓋を開けるだけですぐに火を点けることができます。火力を調整するつまみは、大きく操作がしやすいうえに、カセットガスから簡単に充てん可能!側面にガス残量が確認できる窓が付いているのも便利です!

 

 

定番アイテムに個性を!

・キャンプに欠かせない

・使い勝手がいい

・コスパに優れている

となれば人気商品になるのは必然。当然、たくさんのキャンパーがSOTOマイクロトーチを持っています。人気商品の唯一の欠点は人と被ってしまうことですよね。でもこの定番商品にも個性を持たせることが簡単にできるんです。その方法をご紹介します。

 

  • カバーを付ける

マイクロトーチホルダー ソト ST-485 専用カバー サドルベーシック

さまざまなキャンプ用品メーカーから、マイクロトーチの専用カバーが販売されています。多くがレザー製品ですが、レザーの色、縫っているステッチの色の組み合わせも豊富です。カバーにストラップホールが付いていて、カラビナやロープを通せる実用的なものまで。少し調べると数多くのカバーが出てきて、どれか一つに絞るのに苦労してしまうほどです。

 

  • コラボバージョン・限定品を購入する

http://www.shinfuji.co.jp/soto/products/st-486agct/

少しだけ値段が高くなってしまいますが、さまざまなメーカーとのコラボ商品や、数量限定カラーなどが販売されています。発売するとすぐに売れ切れてしまうケースもあるので、こまめにチェックすることをおすすめします。どうしても新品で手に入らないときは、オークションサイトやフリマアプリを覗いてみましょう。

 

マイクロトーチ使用上の注意点

さまざまな用途、シーンで活躍するマイクロトーチですが、便利であるのと同時に使い方しだいでは火傷などの危険性もあります。注意点をしっかりと頭に入れて安全に使いましょう。

・20秒以上の連続使用はしないでください。やけど、器具の破損の原因となります。

・使用前、特にガス充てん直後に使用する際は、必ず各部からガス漏れがないか確認しましょう。

・使用直後はノズルが高温になっているため、直接触れると火傷の危険性があります。素手では触れないようにしましょう。

・本体を焚火などの火元の近くに置かないようにしましょう。本体が過熱されて爆発する恐れがあります。

・本体にヒビや歪みが見受けられる場合は、使用しないようにしましょう。ガスが漏れている可能性があります。

 

軽量コンパクトで気軽に扱うことができますが、ライターやマッチとは比べ物にならない威力を持っています。取り扱いには十分注意しましょう!

 

コスパ抜群のキャンプ必須アイテム!触れる頻度はキャンプ道具の中でも上位!(まとめです)

 

いかがでしたでしょうか。キャンプの醍醐味といったら、やっぱり火ですよね。焚火で火遊び・ストーブで料理・ランタンに灯火するにしても、火種が必要です。その火種を簡単に作れるのがSOTOマイクロトーチです。コスパ抜群でキャンプに持って出掛ければ、一晩で何度も使用することになり、あなたのキャンプに欠かせない、必須アイテムになることは間違いありません。

 

マイクロトーチCOMPACT(コンパクト)(3色)

http://www.shinfuji.co.jp/soto/products/st-485/

外形寸法幅35×奥行19×高さ80mm
重量35g
ガス消費量7g/h※1
ガス充てん量約1.2g
発熱量0.09kW(80kcal/h)※1
火口径φ14mm
火炎温度1300℃
点火方式圧電着火方式

※1 SOTO社実験室データによる。

 

マイクロトーチACTIVE(アクティブ)(3色)

http://www.shinfuji.co.jp/soto/produc%E3%81%BEts/st-486/

外形寸法幅50×奥行19×高さ90mm
重量45g
ガス消費量7g/h※1
ガス充てん量約1.2g
発熱量0.09kW(80kcal/h)※1
火口径φ14mm
火炎温度1300℃
点火方式圧電着火方式

※1 SOTO社実験室データによる。

 

 

関連商品

SOTO パワーガスボンベ 3本パック バーナー ストーブ

https://bikeman.jp/item/53824

SOTO レギュラーガスボンベ 3本セット バーナー ストーブ

https://bikeman.jp/item/53822